本サイトは不眠・浅い眠りで熟睡できず悩んでいるかたのための情報サイトです。眠れない原因を知ることでその解決法がわかり快眠に繋がります。

不眠に多い原因は何気ない習慣

不眠の原因に気がついている人が少ない事実、ご存知でしょうか?そしてその原因に気がついたとき、何気なくこなしていた日頃の生活習慣だった…という人が少なくないことも事実です。
( どうすれば不眠を解消できるのか? )とあれこれ対策を考え、実行しても原因をしっかりと把握しなければ解決しません。
ここでは生活リズム、寝る前の過ごし方、睡眠環境、寝具・パジャマ、食生活、運動・体調、休日の過ごし方と7つのカテゴリにわけ、不眠の原因を探っていきます。
7つにわけたカテゴリを越えて思い当たる項目がある場合、幾つかの原因が連鎖して不眠が深刻化しているケースもあります。
(本当にそんなことで不眠を解消でいるの?)と思わず、しっかりと生活習慣と向き合い、原因を把握していきましょう。

1.生活リズム

睡眠時間がばらばら

a0008_001158.jpg


徹夜の日がある、寝る時間が一定でないと体内時計が狂い眠気を感じません

毎日寝るのは0時以降

a0002_000426.jpg


人間本来のリズムから遅くとも0時以前の就寝が理想です

仕事が夜勤などシフト制

IMG_6046.jpg


就寝・起きる時間が一定でないため、体内時計がくるい心身不調の原因になります。

明け方に寝て昼に起きている

a0002_005149.jpg


睡眠時間はとれていても、疲労回復するホルモンが分泌されず不調の原因に。

生活リズムが原因で不眠…というかた、具体的な改善法は基本!生活リズムを見直すをご覧ください。

2.寝る前の過ごしかた

ゲームやDVD観賞をしている

a0003_000434.jpg


神経が興奮状態で体・心とも休眠モードにはいれません。

会社の仕事を家で…

a1020_000055.jpg


心が休まらない原因。家ではリラックスとON/OFFを!

明日の計画をたてている

a0002_005906.jpg


交感神経が活発化!忙しいときこそ頭を‘無’に…

パソコンにメール、ブログなど

a0001_014898.jpg


ディスプレイの強い光がメラトニンの分泌を抑制しています。

就寝前の習慣が原因で不眠…というかた、具体的な改善法は基本!生活リズムを見直すリラクゼーションに取り組むをご覧ください。

3.睡眠環境

部屋が明るい

a0002_003850.jpg


家・部屋の周辺環境、部屋が明るい場合、メラトニンが分泌されず熟睡できません。

外から騒音を感じる

a0960_000928.jpg


騒音で不眠になることは多く、意外と気がつきにくい原因です!

部屋が乾燥している

a0003_ki_0209.jpg


部屋に湿度がないと夏でも喉が渇き、寝苦しい原因に…

夏は暑く冬は寒い

a0003_000099.jpg


寝室の室温も熟睡するために欠かせない要素になります。

睡眠環境が原因で不眠…というかた、具体的な改善法は睡眠環境に問題があったをご覧ください。

4.寝具・パジャマ

朝起きると首・肩に違和感が…

a0002_002304.jpg


枕の高さが合ってない場合、首・肩を損傷する原因で安眠できません。

朝起きると腰が痛い。

a1180_003622.jpg


マットレス・敷き布団は適度なかたさでないと腰痛に原因になります。

パジャマのサイズが小さい

MON_5621.jpg


窮屈な衣類は血行が悪く疲れが抜けません!

汗をかく、寒気を感じる

a0006_000888.jpg


寝汗をかいている、寒気を感じる場合、季節に応じた寝具の調整ができていません。

寝具・パジャマが原因で不眠…というかた、具体的な改善法は寝具・パジャマを見直したいをご覧ください。

5.食生活

夕食後のカフェイン摂取

a0003_000429.jpg


コーヒー・紅茶・緑茶などのカフェインは、利尿作用があり神経が興奮状態に。

遅い時間に夕食をとる

a0002_003473.jpg


夕食後すぐ寝ると胃がもたれたり、胃腸・内蔵に負担がかかります。

睡眠導入剤をアルコールで摂取

a0006_001790.jpg


薬の作用が強まり、副作用が出ることも…体に悪影響が及びます。

寝る前にアルコールを必ず飲む

a0007_000417.jpg


お酒は眠りを浅くするので逆効果!質のよい眠りは得られません。

食生活が原因で不眠…というかた、具体的な改善法は食生活の見直しが必要をご覧ください。

6.運動・体調

階段よりエスカレーター派

a0006_000283.jpg


快眠には運動が適度な必要。極力足で移動して!

これといった運動をしていない

a1180_001686.jpg


からだの疲れが質のよい眠りに繋がります。からだを動かすことを意識するのが大切。

からだの冷え・体質

a1180_001517.jpg


冷え性で手足が冷えている場合、夏でも寝つけない原因になります。

悩み・プレッシャーがある

a0002_004043.jpg


交感神経が高まることは不眠の1番の原因。リラックスで副交感神経を優位に…

運動・体調が原因で不眠…というかた、具体的な改善法は生活リズムを見直すリラクゼーションに取り組む冷え対策を行うをご覧ください。

7.休日の過ごし方

1日中、家でごろごろだらだら…

a0002_005058.jpg


疲れが溜まっていても、日中の体の活動が安眠に繋がります。

起きるのは昼頃。

_MG_0048-2.jpg


寝だめは夜更かしの原因となり生活リズムが乱れます。

休日でも仕事をしている

a0008_001850.jpg


体・心が休まらず緊張感からストレスに繋がります。

スポーツ・デートなど動きまわる

a1180_003202.jpg


予定をつめこみ過ぎて神経が高まり、不眠の原因に…。

休日の過ごしかたが原因で不眠…というかた、具体的な改善法は生活リズムを見直すリラクゼーションに取り組むをご覧ください。