本サイトは不眠・浅い眠りで熟睡できず悩んでいるかたのための情報サイトです。眠れない原因を知ることでその解決法がわかり快眠に繋がります。

不眠に悩む全世界のひとに利用されているスリープトラッカー

‘ 質の良い睡眠 ’は、理想の睡眠ってどんな状態?で説明したとおり。眠りの浅い状態(レム睡眠)、眠りの深い状態(ノンレム睡眠)が一定間隔(90分)で4~5セット繰り返される状態になります。


そして睡眠リズムは不眠で医師診察ってどんな感じ?で紹介したとおり、不眠の治療で症状を把握するうえでとても重要な記録となります。そこでスリープストラッカーの出番。入眠予定時間から睡眠パターンを読み取り、自身の睡眠を科学的に把握することが可能になります。計測した睡眠サイクルデータはUSBケーブルを使用することでパソコンに送ることができ、付属の専用ソフトウェアでより見やすく確認することができます。
不眠・眠りが浅い治療に役立てることはもちろん、日々の生活習慣とを照らし合わし改善すべき原因を把握することも可能です。

不眠・眠りが浅い朝も安心できる頼もしい目覚まし時計

不眠、浅い眠りに悩むひとの多くが経験している「寝坊」。BKSide237_s.jpg特に大切な予定がある前日、余計眠れなく焦ってしまった経験をするひとは少なくないと言います。
そこでこんな場面でも活躍してくれるのがスリープストラッカー。朝、必ず起きなくてはいけないリミット時間を設定するだけで、1番ベストなタイミング(ノンレム睡眠状態)で起こしてくれます。
寝起きが悪い、頭がぼんやりする…という人は、眠りのリズムが深いとき(ノンレム睡眠)に起きている可能性があります。スリープストラッカーで眠りのリズムが浅いとき(ノンレム睡眠)で目覚めることで、すっきりと2度の心配もありません。

スリープストラッカーの特徴


日本では「タイム誌」最優秀発明品賞を受賞、またデザイン・技術部門で「国際CES発明賞」にも輝いています。腕につけるだけで身体の状態をモニターし、最高の目覚めのタイミングを探し出してくる目覚まし腕時計です。

SLEEPTRACKER(スリープトラッカー)に関するQ&A

Q.具体的にどんなデータが測定できるの?
A.眠りの浅い状態の回数や間隔を睡眠サイクルデータとして数値で把握することが可能です

Q.スリープストラッカー、どんな起こし方をしてくれるの?
A.種類により異なりますが、振動(バイブレーション)で知らせてくれるので隣で同室のかたへの影響はなく、自然に目覚めることができます

Q.スリープストラッカー、興味はあるけど使いこなせる?
A.4つのボタンだけの簡単操作なので安心です。万が一使いこなせない、効果が薄いと感じる場合、30日の全額返金保証制度があるので安心です。

関連記事