本サイトは不眠・浅い眠りで熟睡できず悩んでいるかたのための情報サイトです。眠れない原因を知ることでその解決法がわかり快眠に繋がります。

リラクゼーションで心・からだをほぐし自然な眠りへ…

リラクゼーションは家で取り組める最高のリラックス法。日本でも多く見かけるようになったアロマセラピー、アロマ先進国・フランスでは医療機関で取り扱われているほど効果を評価されています。
またセルフマッサージや呼吸法も手軽に取り込めるのでお勧め。ここでは実際に病院でも指導されている方法を紹介します。

アロマセラピー、どんな香りがいつ有効?

アロマセラピー(植物から抽出した精油・エッセンシャルオイル)では、使用するシーンで発揮する効力が異なってきます。夜はやすらぎ系、朝はすっきり系が効果的!自然治癒力を高めるのに最適です。
アロマの香りは脳の視床下部に伝わり、気分や感情によい影響を与えます。自立神経やホルモン分泌を整える働きもあります。
夜にはハッピーな気分をもたらしたり、不安感をやわらげる作用のあるやすらぎ系が最適。ネロリやマンダリン、イランイランなどがあります。

寄るアロマ.png

朝の目覚めには心地よい刺激をもたらすスッキリ系がお勧め。ミントやローズマリーなどがあります。

朝アロマ.png

アロマの香りは好みがあり、作用に合わせ無理に苦手な香りを利用する必要はありません。あくまでも一般的な分類を紹介しますので、自分の好みでいろいろな香りを試してください。
100%天然成分のアロマオイルが質のよいリラックス効果を発揮するので購入のポイントとなります。

どんな風につかうのが有効?アロマの使用方法

リビングや寝室・部屋中に…

o0800059911686187661.jpg

アロマ専用のディフューザーやキャンドル、お湯を貼ったマグカップに数滴いれ楽しみます。

ベットなど寝具にスプレー

o0240032010250388064.jpg

霧吹き状のボトルに精製水+アロマ数滴、もしくは専用のアロマスプレーを寝具に吹きつけます。

オイルでマッサージ

o0336044810254276980.jpg

植物性オイル(オリーブオイル)20mlに精油を入れればマッサージオイルに!体もほぐれます。

浴槽に数滴・アロマを…

a0002_002308.jpg

湯船にはったお湯の蒸気でリラックス効果抜群!岩塩や天然塩も効果をさらに高めることができます。

朝シャワーにアロマの蒸気

a0002_002309.jpg

浴室の床にアロマを数滴、朝のシャワーに目覚めすっきりで効果抜群です。

不眠にお勧めのアロマってある?

上記に紹介したアロマもお勧めですが、睡眠専用につくらえたカモミールのアロマがあります。上記にも説明しましたが、アロマは100%天然成分のものが効果が高くお勧め。睡眠専用アロマ・スリーピングアロマ(睡癒)は、厳選された天然カモミール・ローマン100%のエッセンシャルオイル(精油)。気分を落ち着かせ不安や怒りなど高ぶった感情を鎮める効果があります。
睡眠専門会社が手がけ1万本の販売実績があり、効果を感じなかった場合は全額返金制度もあり安心です。

arrow008.png スリーピングアロマ(睡癒)・詳細へ

セルフマッサージで血行促進・リラックス!

足裏もみや爪もみなど、簡単なセルフマッサージで高いリラックス効果を得られます。マッサージは血行を促進し自立神経のうちの副交感神経が優位になり、リラックス効果が増すことで眠気につながります
効果的なのは入浴後、寝る前。足の裏を揉んだり爪の横を揉んだり、からだがあたたまっているときに行います。どんな風につかうのが有効?アロマの使用方法で紹介したオイルを使用すると手の滑りがよくなり気持ちよさも増します。
日中はツボ押しなども試してみると、ちょっとした疲れの軽減やストレスを軽くすることも可能です。

足裏もみ

MON_5430.jpg

冷えやすい足先。裏全体をもみほぐし、血行を促進させましょう!ツボも刺激でき心身の調子が整います。

爪もみ

a1180_001517.jpg

ハンドクリームなど利用し、爪の横や指先を軽くもみます。末端部の血行が促進されると全身があたたまってきます。

ツボ押し

a0002_005163.jpg

頭頂部にある「百会(ひゃくえ)」は自立神経のバランスを整え、不眠に効果があります。息を吐きながらぐ~っと5秒押してください。

実践!病院で治療しているリラクセーション法

ベットに入ってもなかなか寝つけない場合、交感神経が優位になって呼吸は浅く、気持ちが高ぶり筋肉が緊張している緊張状態にあります。このような心身の凝りをほぐすには漸進的筋弛緩法(ぜんしんてききんしかんほう)と自律訓練法が効果的です。
不眠やうつ病の治療の一環として実際に病院で指導されている方法を紹介します。

漸進的筋弛緩法

3056818.jpg

  1. あおむけに寝て、手足をのばしゆっくりとした深呼吸を数回繰り返す
  2. 両手をぎゅっと握り、ぷるぷるするぐらい力をいれ5秒
  3. 両手の力を抜きリラックスする

自立訓練法

MH900397470.JPG

  1. ベットの中であおむけになり、軽く目を閉じる
  2. 心で(気持ちがとても落ち着いている)と唱える
  3. 「手足が重たい」「手足があたたかい」「心臓が静かに脈うっている」「ラクに呼吸できている」「おなかがあたたかい」「額が涼しく心地いい」と唱えるとリラックス状態へ!

関連記事