本サイトは不眠・浅い眠りで熟睡できず悩んでいるかたのための情報サイトです。眠れない原因を知ることでその解決法がわかり快眠に繋がります。

オムロンが睡眠状態を調べられる睡眠計を5月8日に発売予定!

 オムロン ヘルスケア株式会社は、ベッド・布団の脇に置いて睡眠状態を調べる装置「オムロン 睡眠計 HSL-101」を5月10日に発売することを発表しました。一般家庭に向けた睡眠計としては、布団や体の下に敷くタイプで、今回オムロンが開発したのは非接触型。布団や衣服などは透過し、人体などで反射される性質の電波を使用します。

 睡眠計から電波を発信し、1.5m以内にいる人の寝返りなどの動き(体動)と呼吸による胸の上下動を感知。これらのデータに基づき、睡眠状態を、睡眠の深さ(3段階)と覚醒、測定範囲外の合計5段階に判定して記録します。就寝時のうち、覚醒していたと予測される時間を除いた「実睡眠時間合計」と10分間隔での睡眠/覚醒の区別を本体に表示します。

 オムロン社の提供する無料の健康管理インターネットサイト「ウェルネスリンク」にパソコンやFelica(おサイフケータイ)機能付き携帯電話機などを介してデータを送ることができ、本体に表示される情報よりも細かく、一晩の5段階睡眠状態のグラフや、深い睡眠の時間、夜中の覚醒時間、寝つきにかかる時間の日々の変動のグラフなども作成でき、14日間分の測定データから分析レポートも発行することが可能

 このほか関連するサービスとして、有料サービス「ウェルネスリンクプレミア」会員(月額315円)向けのプログラム「ぐっすりチャレンジ」も開始します。こちらは生活習慣の検討と改善に向けたアドバイスにより睡眠の質を高めるというもの。今回の睡眠計で測定すれば、改善の効果をはっきりと確認することができます。

 「オムロン 睡眠計 HSL-101」の外形寸法は幅約130mm×高さ約270mm×奥行き約100mmで質量は約420g。価格はオープンだが、実売想定価格は1万9800円前後となる予定です。

不眠、こうして解決しました!事例特集

アクセスの多い人気コンテンツ